作品  
無料 VOD フールー VOD 比較 注目キーワード

VODで人気の映画作品一覧

VODで人気の作品をMovieMemo編集部のレビューと共にご紹介致します。

ドラマアニメ映画その他サムネ表示

人気の映画作品

カーリー・スー

カーリー・スー

世界で一番ちっちゃな詐欺師

ホームレスで孤児の9歳の少女カーリー・スーとその「保護者」のビル・ダンサー。2人は各地で当たり屋を行い生計たてており、冬のシカゴへやってきた。今回のターゲットはエリート弁護士のグレイ・アリソン。

いつものようにグレイを詐欺にハメ、グレイに夕食をごちそうになった。そして数日後、ビルは本当に交通事故に遭ってしまう。そして事故の相手がグレイだったのである。グレイは気を失ったビルを自分の家に運びしばらくスーも含め一緒に住むことになった。このような異様な状態だがグレイはいつしかスーの可愛らしさに惹かれていく。

しかしそれをよく思わないグレイの恋人ウォーカーはビルがスーを虐待していると警察に通報。ビルは逮捕されスーは施設に引き取られた。だがグレイはこれを機に2人が自分にとって大切な存在であることに気づきビルを釈放させスーを自分の子供として引き取ることにした。スーはビルと離れ離れになってしまうのではと心配したが一緒に住むことがわかり、スーは学校に通学するようになった。

カーリー・スー - wikipedia
  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
ブレックファスト・クラブ

ブレックファスト・クラブ

心の痛みが消え恋が芽生える土曜の朝のステキなパーティ

接点のない異なるタイプの高校生、すなわち「スポーツマン(エミリオ・エステベス)」「秀才(アンソニー・マイケル・ホール)」「不良(ジャド・ネルソン)」の3人の男子生徒と「お嬢さま(モリー・リングウォルド)」「のろま(アリー・シーディ)」の2人の女子生徒は懲罰登校を命じられ、休日に図書室で「自分とは何か」をテーマにした作文をヴァーノン先生(ポール・グリーソン)から課される。それまで付き合いのなかった5人は次第に自分の心をさらけ出し、家族や学校への鬱屈した気持ちを語ったり、ともにマリファナを吸ったりして、心を通い合わせていく。

ブレックファスト・クラブ - wikipedia
  • Amazonプライムビデオ
アニー・ホール

アニー・ホール

A Nervous Romance

N.Y.で優雅な独身生活を送るコメディアン、アルビー・シンガー。ナイトクラブの歌手、アニー・ホールと付き合い始めた彼は同棲を始めるが、次第にふたりの関係は行き詰まっていく。そんな折、アニーは人気歌手のトニーからハリウッド行きを勧められ…。

アニー・ホール- wikipedia
  • U-NEXT
娚(おとこ)の一生

娚(おとこ)の一生

“恋”なので仕方ありませんでした

東京の大手電機メーカーに勤める堂薗つぐみは、長期休暇を田舎の祖母の家で過ごすことにした。まもなく入院していた祖母が亡くなり、つぐみは仕事を在宅勤務に切り替え、そのまま祖母の家で暮らすことにする。翌朝家にいたのは、見知らぬ壮年男性の海江田醇。祖母の教え子で、祖母から離れの鍵をもらっていたと言う。醇と祖母との関係がよく分からないまま、つぐみとの奇妙な同居生活が始まる。

娚(おとこ)の一生 - wikipedia
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV
  • auビデオパス
  • ビデオマーケット
マイノリティ・リポート

マイノリティ・リポート

自分の未来は自分のもの 自分の意志で変えることもできる

犯罪を起こす人物を予知能力者たちに割り出させ、犯行前に拘束する犯罪予防局。そのチーフを務めるジョンは、自分が殺人を犯すと予知され、仲間たちから追われるはめに。嫌疑を晴らそうとする中、彼は自分に仕掛けられた陰謀と黒幕の存在を感じ取っていく。

マイノリティ・リポート- U-NEXT
  • dTV
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV
  • auビデオパス
  • ビデオマーケット
50回目のファースト・キス

50回目のファースト・キス

記憶をなくしてしまう自分に、絶対に伝えたいこと。

ハワイの水族館で獣医師として働くヘンリーは後腐れのない一夜の恋を楽しむプレイボーイ。

ある日カフェでルーシーという女性と出会い、意気投合するが、翌日会うと彼女はヘンリーのことをすっかり忘れていた。 実は彼女は交通事故の後遺症により、事故前日までの記憶は残っているが以後の記憶が全て一晩でリセットされてしまうという短期記憶喪失障害(前向性健忘)だった。 父と弟は彼女がその事に気づかないように、夜のうちに同じ新聞を準備し、彼女が壁に描いた絵を真っ白に消す作業を行い、彼女が事故にあった父親の誕生日での出来事を毎日同じように繰り返せるように努力していた。

ヘンリーは毎日、初対面から始め、愛を告白し続ける。二人は毎日恋に落ち、毎日ファースト・キスをする。ヘンリーにとっては23回目であろうが50回目であろうが、ルーシーにとってはファースト・キスなのである。

ある日ルーシーは車が車検切れだと指摘され、それに反論するために新聞を見て、日付が自分の記憶にあわないことに驚愕する。記憶のない彼女にとっては、常にその日は父親の誕生日なのである。この矛盾を父親に問いただすために、怒りながら帰宅するが、これらのことも父親にとっては何度も経験したことであり、すでに用意していた事故のファイルを見せ、真実を説明する。彼女にとって初めて聞いたことで、悲しみにくれるが、次の日になれば、また彼女にとっては同じ父親の誕生日の日曜日となる。

しかし、このままではルーシーの人生は失われたままであると考えたヘンリーは二人の出会いから現在までを描いたビデオを作成し、毎朝彼女に見せ、彼女の人生を取り戻す努力を開始する。また、そのビデオによって、この彼女にとって見知らぬ男であるヘンリーが彼女の恋人と理解するようになり、少しずつであるが、二人の仲は進展していくかに思われた。しかしヘンリーもまた、毎日ルーシーに恋をさせることに努力することに没頭するあまり、ヘンリー自身の人生の夢である海洋探索の夢をあきらめることにした。これを立ち聞きしてしまったルーシーは、自分が愛する人の重荷になると思い、別れを決意した。実は、ルーシーはヘンリーに黙って日記をかき、そこにビデオとおなじように自分の気持ちを寝る前に日記にかいて、それを記憶を失った翌朝に、よみなおすことにより、自分自身の記憶を再現する努力をおこなっていった。ビデオでは又聞きのような気が毎回してしまうというのが、理由だ。ルーシーはこのヘンリーとの想い出を綴った日記も全て処分してしまう事を決意した。このことは、つまり記憶から、ルーシーの人生からヘンリーを消すということになる。はたしてヘンリーとルーシーの恋は別れたまま終わってしまうのか?

50回目のファースト・キス - wikipedia
  • dTV
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV
  • auビデオパス
  • ビデオマーケット
イルマーレ

イルマーレ

それは、2年のときを隔てた、世界でたったひとつの恋ー。

2006年、シカゴの病院で働くことになった女性医師ケイト(サンドラ・ブロック)は、湖岸に立つ一軒家からシカゴ市内に引っ越すことに。郵便受けに次の住人へのメッセージを残した彼女は、後日返事を受け取るものの、それは2004年を生きる建築家の青年アレックス(キアヌ・リーブス)からの手紙だった。

イルマーレ - wikipedia
  • dTV
  • U-NEXT
  • Amazonプライムビデオ
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
エンター・ザ・ボイド

エンター・ザ・ボイド

ギャスパー・ノエ監督による東京を舞台にしたトリップ・ムービー

TOKYOでドラッグディーラーをしているオスカーは、ストリッパーとして働く妹のリンダと共に暮らしている。ある日売人仲間とクラブ「ザ・ボイド」に行き、運悪く警官に射殺されてしまう。『チベット死者の書』に興味を持っていたオスカーの魂は、妹への強い愛の為に地上にとどまり、ときには友人や妹の頭や体に入り込み、TOKYOの街を彷徨う。

エンター・ザ・ボイド - wikipedia
  • U-NEXT
アリス

アリス

アートアニメーション界の巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルの初長編作品

雑然とした部屋の中、ひとり人形で“アリスごっこ”を始めるアリス。すると突然ガラスケースに収められたウサギの剥製が動き出し、懐中時計を見ると慌てたように駆けていく。アリスも急いでウサギの後を追いかけると、いつしか不思議の国にたどり着いていた。

アリス - U-NEXT
  • U-NEXT
ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

あの日父を失くした少年の、喪失と再生のものがたり

宝石店を営むトーマスは、アスペルガー症候群を抱える11歳の息子のオスカーと一緒に「調査探検」という遊びをやり、オスカーに人と関わることを経験させていた。ある日、今まで以上に大規模な調査探検として、ニューヨークに幻の第6区があったとオスカーに話し、オスカーは手がかりの捜索を始めた。

しかし、トーマスをアメリカ同時多発テロ事件により失い、ショックを受けたオスカーは調査探検を中断する。父の死から1年後、オスカーはクローゼットから落ちた青い花瓶の中から鍵を見つけ、その秘密を探るべく、母のリンダと衝突しながらも、鍵が入っていた封筒に書かれた「ブラック」という人物を探すため、ニューヨーク5区をまたぐ472人のブラックの調査探検を再開した。はじめにアビー・ブラックという女性を訪ねるが、夫が去っていく瞬間で手がかりを得ることはできなかった。その後、何人ものブラックという人物を訪ねて回ったが、一向に進展しない。

そのことで度々パニックに陥るオスカーだが、発声障害を抱える、祖母の家の間借り人と知り合う。オスカーの話を聞き、彼も探検に加わることになった。怖かった地下鉄なども使うようになるが、遅々として進まない。彼も戦争で両親を亡くしたトラウマがあり、子どもが好きになれなかったという。オスカーは間借り人と一緒に探検をしているうちに、肩をすくめる彼の仕草が父と似ていることに気づき、祖父であると確信する。間借り人に、父の最期の電話記録を聞かせるオスカーだったが、彼は「君を助けたかったが、傷つけただけだった」という手紙を残してオスカーの元を去ってしまう。

封筒にあった新聞の切れ端から「遺品セール」という言葉を見つけ、最初に会いに行ったアビー・ブラックに連絡して彼女の元夫の会社に行く。元夫は2年前に父が余命2カ月と宣言された時に遺品セールを開き、青い花瓶を妻の誕生日祝にもらっていった人がいたという。父親の遺言に花瓶の中に貸金庫の鍵を入れたと書いてあって渡した男を探していたが、「人探し」のビラも9・11直後であふれ、効果がなかった。オスカーは誰にも話さなかった父からの最後の電話に出られず後悔していることを初めて話す。

鍵について徒労に終わり、自暴自棄になる。見かねたリンダが「普通にならなくて今のままでいい」「私があなたから目を離すと思う?」といい、計画を見抜き、どの家にも先回りしていたことを告白し、初めて悲しみが共有される。「大勢の人が大切な何かを失っていた」という。訪れたブラックさんたちに感謝の手紙を書いて感動を与え、祖父にも帰ってきてと頼む。父が小さい頃遊んでいたというセントラルパークのブランコから「ようやく見つけたね」という父からのメモが発見される。「おめでとう、第6区の存在と自分のすばらしさを証明した」。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い - wikipedia
  • dTV
  • U-NEXT
  • TSUTAYA TV
  • ビデオマーケット
人気の記事はこちら